電話加入権の現状と将来は TOP

このサイトについて

家族や友達など、連絡はどのような方法で取られていますか?今や電話よりもメールの方が多くなったような気がしてなりませんね。それくらい音声通話が減っているようですね。2013年に総務省が発表した携帯電話の音声時間が気になる数字を出していました。それは2011年度の携帯電話による音声通話時間が22億7,200万時間となり、前年2010年度と比べ4,300時間減少したとのことです。

今まで増加傾向にあった携帯電話の音声通話時間が初めて減ったそうです。これはどうもスマホ(スマートフォン)の普及が一番大きな理由かも知れませんね。ましてや固定電話での通話はほとんどかけることがなく、年に数回程度という方もおられるかも知れません。

個人の場合はそうなのかも知れませんが、これがお店や事務所になるとそうもいきませんよね。やはり固定電話は必要でお客さまや取引先から固定電話の番号へ掛かってくるのが一般的です。初めてお店を開業される場合なども電話加入権を購入して電話番号を取得することになります。

この電話加入権は東西NTTへ固定電話を申し込む際に必要な権利として存在しています。今はその必要性が論議されており、今後の動向が気になるところです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    最大1000回線が申し込み可能で、グループ通話料が24時間無料なホワイト法人を考えているなら、1,000円(税抜)/回線の無料通信料付きで、余った分は社員間で分かることが出来るのでオススメです。
    固定電話の基本料金が削減できて、複数の支払いも一本化できるソフトバンクのおとくラインを考えているなら、現在の電話番号はそのまま使えて電話加入権の必要も無いのでオススメです。
    固定電話番号やフリーダイヤル用の番号など即日利用が可能な転送電話サービスなら、居所に関係なく主要都市の基地局の番号が利用でき、外出先からでも固定電話の番号で取引先に通知が出来る為、信用度の向上にも有効なのでオススメです。
    Copyright(C) 電話加入権の現状と将来は All Rights Reserved.